記事一覧

モンブラン【2021 新作】アベンチュリンダイアルがきらめく「モンブラン スターレガシー サスペンデッド エグゾトゥールビヨン 18」

モンブランは、アベンチュリンをダイアルに採用した新作「モンブラン スターレガシー サスペンデッド エグゾトゥールビヨン 18」を発表した。特許を取得した機構を持つ、宙に浮いたようなトゥールビヨンがダイナミックに動く様子を鑑賞できる。



星空に浮かぶトゥールビヨン
 モンブランはWatches & Wonders 2021の新作として「モンブラン スターレガシー サズペンデッド エグゾトゥールビヨン 18」の新しいバリエーションを発表した。18年のSIHHにて初披露された同型機種は、18KRGのケースとギヨシェ彫りを施したダイアルを組み合わせ、58本限定で販売された。今回のモデルでは希少性を高め18本限定で展開され、18KWGのケースとアベンチュリンのダイアルを組み合わせている。設計は同様だが、その外観ともたらされる印象は全く異なっている。



モンブラン「モンブラン スターレガシー サスペンデッド エグゾトゥールビヨン 18」
手巻き(Cal.MB M16.68)。19石。1万8000振動/時。パワーリザーブ約50時間。18kWG(直径44.8mm、厚さ15.03mm)。30m防水。世界限定18本。参考価格10万9000ユーロ(税込み)。2021年5月発売予定。
 この時計を見た際に最も惹かれるのは、6時位置で回転する大型のトゥールビヨンだろう。10年に初めて導入された「エグゾトゥールビヨン」というモンブラン独自の構造を持ち、特許を取得しているのだ。約3年の歳月を経て設計され、エグゾ(Exo)というギリシャ語で「外側」を意味する名称を与えられた。これには、大きなテンワがトゥールビヨンの回転ケージの外側に配置されていることを意味する。

 同社のエンジニアはトゥールビヨンの動きを、より見やすく、より美しいものを開発するという構想を築き、結果としてムーブメントやケースのサイズを拡張する必要のない、とりわけ大きなテンワを収めることに成功した。片側から伸びる1本のブリッジによって中心軸が支えられ、まるで宙に浮かんでいるかのような動きを見せる。



このエグゾトゥールビヨンを動作させるマニュファクチュールキャリバーMB M16.68は、スイス時計製造の息吹を感じされる、伝統的な仕上げを行っている。目を見張るようなコート・ド・ジュネーブの美しいストライプ模様や、鏡面の面取り、サーキュラーグレイン仕上げなど、ヴィルレにある工房にて人の手によって装飾されている。このムーブメントは、トランスパレントのケースバックから鑑賞することができ、1万8000振動/時というロービートで時を刻むエグゾトゥールビヨンが、フロントからバックまで完全に透けて見えるのだ。

 星空を想起させる輝きを持つアベンチュリンのダイアルに重なる、12時位置にオフセットされたホワイトカラーのドーム状インダイアルが、ダイアル全体に立体感をもたらしている。ロレックス腕時計 中古またトゥールビヨンブリッジの対角の位置には、18本限定モデルである証しとして、シリアルナンバーを刻んだパーツが2本のネジによって留められている。

コメント一覧

topkopi 口コミ Eメール URL 2021年07月29日(木)12時21分 編集・削除

リアルなトレンド情報をお届け、デザイン・ブランド性・機能性など気になる項目別に徹底評価!口コミ実際のユーザーが書き込む生の声は何にも代えがたい情報源です