記事一覧

2021新作 オーデマ ピゲ「ロイヤル オーク フロステッドゴールド」の34mmモデルが登場


オーデマ ピゲが、2020年4月に発売されたロイヤル オーク オートマティックコレクションの34mmモデルを拡大します。今回コレクションに加わるのは、ジュエリーデザイナーのキャロリーナ・ブッチとの提携により2016年に採用されたジュエリー技法、フロステッドゴールドの輝くモデルです。18Kホワイトゴールドのケースに組み合わせたのは新色のブルーに輝くタペストリーダイヤル。このユニークな組み合わせは、マニュファクチュールのクラフツマンシップを駆使した洗練されたノウハウによるものです。



細めの手首に輝く微妙な光のきらめき
 新しい18Kホワイトゴールドのロイヤル オーク モデルはフロステッドゴールドの輝きに包まれています。ケースとブレスレットを包むきらめくような効果とコントラストをなしているのがポリッシュ仕上げのベゼルの面取り、ビス、リューズとリンク。タイムピースのデザインと調和した新色ライトブルーのPVDコーティングダイヤルは、光を微妙にとらえて反射します。豊かな「グランドタペストリー」パターンが印象的で、ホワイトゴールドのアワーマーカーと針はケースとマッチされています。34mmのサイズは細めの手首にぴったりでエルゴノミック。

 キャリバー5800のために開発されたピンクゴールドの回転錘は、反射防止加工のサファイアケースバックから見ることができます。表示は時、分、秒とデイトで、パワーリザーブは約50 時間。現代的なライフスタルにぴったりです。



洗練されたフロステッドゴールド仕上げ
 フロステッドゴールドはフィレンツェの古い宝飾技法にインスパイアされた鍛金加工技術で、キャロリーナ・ブッチが自らのコンテンポラリージュエリーのクリエーションに使っていました。キャロリーナ・ブッチはマニュファクチュールのクラフツマンたちと共にこれをロイヤルオークのケースとブレスレットに応用すべく研究を重ねました。オーデマピゲ 時計 中古ゴールドの表面にダイヤモンドチップのツールでごく小さなわずかなへこみをつけます。これが貴石や「ダイヤモンドダスト」のようなきらめき効果を生むのです。このきらめきはロイヤル オークのユニークな幾何学的ラインとデザインコードを引き立て、遠くからでも一目でそれとわかります。二つのアトリエの共同作業から生まれたこの技法は、今回34mmモデルに採用するにあたり、新たに女性らしさと繊細なタッチが加えられました。


創造的チャレンジから生まれた長い友情
 オーデマ ピゲとキャロリーナ・ブッチの提携は2016年に始まりました。1976年ジャクリーヌ・ディミエがデザインしたレディースのロイヤル オークの再解釈をオーデマ ピゲがキャロリ ーナ・ブッチに依頼したことに始まります。こうして生まれたロイヤル オークタイムピースにより、マニュファクチュールのコレクションに多くのフロステッドゴールド モデルが続きました。ジュエリーとオートオルロジュリーを融合させたこれらのタイムピースは、マニュファクチュールの長いジュエリーウォッチの歴史に大きな貢献を果たしたと言えるでしょう。

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー